こんにちは、、本日は、果物、柿(英語ではpersimmon パーモン、と言います)についての話題です。

からふるクレヨンの生徒さんから美味しい、大きな柿を頂き、毎日頂いています。10月から11月にかけてまさに今がとっても美味しい時期ですね!

日本での言い伝えで、諺(ことわざ)にもなっている表現。

<柿が赤くなれば医者は青くなる>

解釈は  〜柿が実をつけて赤くなる頃には気候が良く、病人が減って医者が困る。

がありますが、

レッスンの中で、ことわざの話になり、英語でも同じような表現はあるのですか?と聞かれました。
はい、実はあります!

興味深いのは果物が、リンゴ🍎にかわるという事です。

柿の原産は東アジアだからでしょうかね、、

<An apple  a day keeps the doctor away.>

解釈は  〜1日1個のリンゴで医者いらず。

医者が困ると言うより、自己健康管理の大切さをうたっているような感じでしょうか。




柿はビタミンC、Aなどの栄養価が高く、(1個で1日分の必要ビタミンが摂取出来る様です)、かつ薬効の高いフルーツだそうで、主に

・免疫力を高める作用

・風邪予防

・ガン予防

・アンチエイジング(老化予防)

になるとの事。含まれるカリウムがむくみを解消して足のツリを防ぐ事にもなり、豊富な食物繊維が便秘解消に一役かってくれます。何と二日酔いの防止にもなるそうです。
ところで、、

柿には甘柿と渋柿の二種類が有りますね。見た目からも判断する事(筆先のようになっているのが渋柿)は、割と簡単ですが、、

キーワードは、<タンニン>と言う成分です。両者タンニンが含まれていますが、甘柿は不溶性で、渋柿は水溶性のため、口に含むとタンニンが溶け出し渋みを感じるようです。

さらに調べていくと、樹上で渋が抜ける甘柿と、ずっと渋いままの渋柿、それぞれ興味深い仕組みと食べ方がある事が分かりました。
甘柿は、もちろんそのままでも美味しいです。

渋柿は、渋抜きを経て、甘柿の3から4倍もの甘さを含む大変身をするのです!  渋抜き、と言っても渋を出す、タンニンを追い出す訳ではなく、渋抜きの最中に柿に含まれる他の成分(アセトアルデヒド)とくっつかせて渋みを感じさせなくするようにするとの事。

渋抜きの方法は、、干したり、焼酎につけたり、遠赤外線に当てたり、炭酸ガスを当てたり、、と様々な方法が有ります。

例えば、渋柿を干す事によって、水溶性のタンニンが水分が抜けて凝縮されて不溶性になり、糖度が格段に上がるのだそうです。白い粉を吹いた干し柿はより甘い、という事ですね。
奥が深いと感じたのは、何故、初めは渋みが有るのか?という事。

それは子孫を残すための防衛反応であって、種が成熟するまで実を渋くしておき、鳥や動物から守っている、と言う事なんだ、と納得。
いやあ、物凄く勉強になりました。大人になってからの方が、ああ、そう言う事なんだ、と理解できる、、

学生時代は、勉強、勉強、として詰め込もうとして失敗していた様な、、。
理解する、って大事ですね。

最後に、、あまり美味しいからと言って一度に食べ過ぎは禁物です。食べ過ぎると、

・下痢

・便秘

・体の冷え

・貧血

をもたらすと言われています。1日に食べても大丈夫な目安として多くとも最大

子供〜3個

大人〜5個

妊婦〜2個

糖尿病の方〜1個

までにして、今しばらく、毎日少しずつ味わいましょう!
Senri


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
春日井市・小牧市・名古屋市で大人からの英会話教室をお考えの方は、英語教室からふるクレヨンへ。入会金無料!低価格で簡単に安心して通える英会話教室です。超初心者でも大歓迎!無料体験随時受付中!

【英語教室 からふるクレヨン】
電話番号:0568-83-8233
電話受付時間:9:00~14:00 ※上記時間外はメールにてお問い合わせください。
住所:愛知県春日井市六軒屋町1-110

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━