こんにちは。

今日は<からすのパン屋さん>の絵本シリーズで おなじみの、作家かこ さとし氏について、少し自身の思い出と合わせて綴ってみたいと思います。

たまたま、先日NHK教育テレビで、絵本の紹介をしながら登場人物やキャラクターを基にオヤツを作ったりする番組(グレーテルのかまど)や、NHK 〜Professional 仕事の流儀などでも、かこ さとし 氏を取り上げていました。

残念ながら、 かこさとし氏は今年5月に、92歳でお亡くなりになりましたが、最後まで執筆されていました。
幼少の頃、母が絵本のシリーズで かこ さとし氏の<365日こどもカレンダー>(1975年発行)というのを家に置いてくれていました。

1カ月が1冊で、12冊の巻になっていてボリュームがあるのですが1日1日ごとに、日本だけでなく、世界を含めた歴史や文化などが日々のページにまとめられています。
大きさ比べとか、時間比べとか、面白 いトピックがあったりで、ページの角っこにはパラパラマンガがあったり。。

有名人の誕生日なども分かったりして。

家族の誕生日に何が起こっていたのか、とか見ていたりしました。

現在は、<子供の行事 自然と生活>(2012年発行)というかたちで出版されています。
さて、

自身が子供の頃はただ、絵本として楽しんでいたのですが、、かこ氏は、子供の知的向上心を上手く引き出す工夫をとてもされているように感じます。

余談になりますが、、娘は、はらゆたか著者の、<かいけつゾロリ>シリーズを夢中になって読んで育ちましたが、同じ様な感じですね。

そして、、いま大人になって、親の立場でもこれらの絵本たちを見るようになった時、全く今まで知らなかった事に強く心を動かされたりします。
それは、作家である かこ氏の思いです。

どういう目的で、かつ、どんな背景が有りこれらの作品が生まれたのか、、

特集記事やニュースや番組映像などで初めて知る事実、。作者の自身の(軍人になろうと生きていた時代の)心の葛藤や、子供達への切なる願い、、(大人に染まらない、子供の発想力、観察力、向上心を最大限に引き出すようにして、子供に未来を託し、自分はその助け役に徹しよう、残りの人生を全て捧げようといった決意を含めて)

なんだか、小さな子供達と触れ合う仕事もさせて頂いているので、私も心が引き締まる思いがしています。

公式ホームページからの引用で、かこ氏のメッセージを少し。

  こころとからだ

  より たくましく あれ

   より うつくしく あれ

    より すこやかで あれ

   よき みらいのために




生きる意欲を持って欲しい、、誰もがそうである世の中であってほしいと願うばかりです、、。

お子さんや、お孫さんをお持ちの方々、絵本がお好きな方々、もし興味がありましたら、かこさとし氏の公式ホームページを覗いてみて下さいね。
もちろん、

お馴染みの楽しく、可愛いだるまちゃんや天狗キャラクター達や、からすのパン屋さんにも出会えます。

以下、かこ さとし氏 公式ホームページより引用です。

Senri


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
春日井市・小牧市・名古屋市で大人からの英会話教室をお考えの方は、英語教室からふるクレヨンへ。入会金無料!低価格で簡単に安心して通える英会話教室です。超初心者でも大歓迎!無料体験随時受付中!

【英語教室 からふるクレヨン】
電話番号:0568-83-8233
電話受付時間:9:00~14:00 ※上記時間外はメールにてお問い合わせください。
住所:愛知県春日井市六軒屋町1-110

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━